jump to content immediately

住宅ローンと金利

住宅ローンの金利のタイプには変動型と固定型があります。どちらのタイプを選ぶかは、それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、自分のライフプランと照らし合わせて検討したうえで、一番適切な住宅ローンを慎重に決めなければいけません。


<変動型のメリット・デメリット>

取扱い会社が完済までの間ある一定期間で見直しを行うのが変動型です。年2回見直されて返済額の変更は5年に1度の周期で見直されます。また返済額の上昇幅を最大25%までと決められている住宅ローンもあります。変動型のメリットとしては低金利のときには利息も低く抑えられますが、上昇した場合は返済額の見直しの度に支払う利息の金額が上昇してしまうことがデメリットとなります。


<固定型のメリット・デメリット>

借入れ時に決定した金利が完済するまで変わらず一定なのが固定型です。固定型のメリットとしては低金利の時にローンを組めば、その後に上がっても支払う利息の金額はかわらない点です。また、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすくなります。固定型のデメリットとしては、ローンを組んだ後で金利が下がった場合は利息負担が大きくなってしまうことです。この場合は住宅ローンの借り換えの検討をするようにしましょう。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 8月 29 2014 » 0 comments

住宅ローン金利で注目されるインターネットバンク

住宅ローンの金利が過去最低水準になったなど、借り換え、新規契約、どちらでも非常に大きな注目を集めている住宅ローンでは、インターネットバンクがおおきな注目を集めています。今までは大きな銀行などで借りることが当然という風潮もありましたが、ネットバンクが急激に勢いをつけているそうです。


住宅ローンの審査条件などもネットバンクが強い

店舗を原則として持たないことで、かかるお金をできるだけ少なくしているネットバンクでは、住宅ローン契約者が徐々に増えていると言われているそうです。院利はもちろんですが、審査などもスムーズに進むこと、条件なども大手銀行よりも敷居が低いというケースが多いそうです。中でも条件、基準共に使いやすいと話題になっているのが、イオン銀行です。


安心で決める時代が終わったの?

住宅ローンのような大きな金額のお金を利用するという場合、今までは安心感なども理由にあり、大手銀行の中でどこにするか?という様な認識もあったそうですが、大手銀行でも合併などが頻発したことから、大きな銀行は安全、安心という概念が消費者になくなっていることも、大きな理由と言われるそうです。それ以上にかかる費用や、手間の少ない銀行、利便性が高い銀行、ということから、ネットバンクをメインバンクにするという人も多くなっています。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 7月 07 2014 » 0 comments

変動型住宅ローンの金利

住宅ローンで、一番金利が安めになるのが変動型です。この変動型にはメリットやデメリットもあるので、しっかりとどんなローンになるのか把握をしておきましょう。


<金利が低い分、大量に借りることができる>

変動型住宅ローンのメリットは何と言っても、金利が低い分大量にお金を借りることができる点でしょう。大きな家を建てたり、敷地の広い土地を持つ場合はなるべくたくさん借りないと購入することはできません。変動型はこういった購入できる物件に幅を持たせてくれる点に大きなメリットがあります。


<デメリットは変動すること>

しかし、メリットばかりではありません。変動型住宅ローンはデメリットもあります。一番のデメリットは金利が変動する点でしょう。ですから、返済総額が一体いくらになるのか、見当もつけることができないのです。そのため、将来のリスクも考えると変動型は収入に余裕がある人の方が利用しやすい側面もあります。将来的に収入がそれほど増えないことが分っている人には難しいかもしれません。住宅ローンは金利だけでなく種類別に見て、特性を知った上で借りるようにしましょう。また、その時は自分の収入もしっかりと考慮しておく必要もあります。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 5月 30 2014 » 0 comments

住宅ローンでマイホームを持とう

今現在、マイホームが欲しいなと考えている人はいませんか?
でもまとまったお金なんて持っていないし、まだまだその金額までほど遠いから無理・・・なんて諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。
実は、そこで活躍してくれるのが住宅ローンなんですよ。
まとまった金額を用意することが出来なくても頭金とその他諸経費を用意するだけで、契約が出来るからマイホームを手に入れることが出来るんです。


払えるのに住宅ローンを選ぶ人も?

まとまった金額を持っていて家を購入することが出来るにも関わらず、住宅ローンを利用して家を購入している人も。
なぜなのかといいますと、住宅借入金等特別控除というものがあって、住宅ローンを組むと所得税や住民税から一定の金額が控除されるらしいんですよね。
それで、本当は一括で購入できるけれどローンを組む人が多くなってきているみたいなんです。


何で比較する?

住宅ローンを選ぶ時は、何に注目をして決めるのがいいのか気になりますよね。
やっぱり多くの人達が金利を比較しているのではないでしょうか?
他にも、メリットを比較して決めるのがいいと思いますが、迷ってしまった時はランキングを覗いてみるのもアリ。
特に初めてだという人は、念入りに確認しておくのがベスト。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 4月 30 2014 » 0 comments

住宅ローン・借り換えの注意点

住宅ローンの借り換えを検討するときは、返済額の軽減や金利上昇によるリスク対策が目的になると思います。し場合によっては借り換えを行ってもメリットより経費が上回るなどの場合もありますので充分注意が必要です。


<借り換えのメリットがある場合>

借り換えの恩恵を充分に受けられる方は、金利の高い時に住宅ローンを組み、長期間の返済が残っている状態で低金利の商品に借り換えをする場合です。反対に残期間が短い方は、単に金利だけを見て借り換えをしようとすると、経費倒れになってしまう場合があります。また、毎月のローン負担を減らす目的で返済条件の緩和された金融商品に借り換えることも、メリット享受のひとつだと思います。


<デメリットのほうが多い場合>

宅ローンの借り換えの際には印紙代などの事務手数料、保証料など、数十万円の費用が必要です。従って残りの返済期間が短い方は経費の方が上回るということもあり得ます。また、固定金利から変動金利への借り換えには、当然金利上昇のリスクを負うことになります。

住宅ローンの借り換えを行う際は、「当座の返済額を減らしたい」、「トータルで支払う金額を減らしたい」などの目的があると思います。どのような目的によって選ぶべき商品の性格も異なりますので、是非明確に目的を絞ることが必要になります。複数の目的を同時に達成できるとは限らないからです。例えば、金利上昇のリスクを軽減しようとして変動金利から固定金利に切り替えた時に毎月の返済額が増えてしまうこともあり、2つを同時に叶えることが難しい場合があります。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 4月 11 2014 » 0 comments

住宅ローンは非常に便利なものなんです

住宅ローンは住宅を購入される際に、とても便利で助かるものなんです。
本来でしたらまとまったお金を用意しなければ住宅を購入することは出来ないのですが、この住宅ローンは頭金とその他諸経費を用意するだけで住宅を購入することが出来ます。
ローンを組んで長い間少しずつ返済をしていきますので、プランを選ぶ際には慎重に。
このローンがあるおかげで、私たちはマイホームを手に入れることも出来るので非常に嬉しい事ですよね。


住宅ローンの金利について

住宅ローンを組む際に気にした方が良いことは、やはり金利だと思います。
ですので、色々確認をして比較してみるのが良いかと思いますよ!
また、金利は景気によって変動しますので常に注意しながら目を離さないようにしていただければと思います。
金利が上がってしまいますと、返済額も大きく変わってきてしまいますのできちんとチェックするようにしましょう。


返済の仕方について

毎月同じ金額を定期的に返済していく形でも良いかと思いますが、中にはまだ小さなお子さんを抱えている方もいますよね。
そういった方は後々になって教育費が必要になってきますので、きちんとそういったことを考えてお決めになる必要があります。
お子さんがまだ小さいうちに返済額を高めにして、お子さんが大きくなってきたら返済額を低く設定して返済していく。
この方法の方が効率も良くていいかと思いますよ。
もちろん、決め方はご自分次第ですので、あくまでも参考に。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 3月 10 2014 » 0 comments

住宅ローンと離婚問題

住宅ローンについて調べているとよく出てくるのが「金利」の話と、そして「離婚について」という話題です。


住宅ローンを抱えたままの離婚

住宅ローンが残っている状態で離婚しようとした場合どのような問題が起きるのでしょうか?
1番シンプルで楽な解決方法と、1番面倒なことになりやすいパターンを見ていきましょう。
●1番楽な解決方法は?
家を売ったお金でローンの額を減らし、その残高次第で慰謝料や養育費などの額面を相談するという方法です。
女性側としても、男性側がギリギリの生活を送って養育費などを滞納するようになるよりは、きちんとローン残高を把握し、しっかり確実に払い続けられる金額を安定してもらう方が良いと言う人が多いです。
また、少なからず自分と相手がずっと一緒にいるつもりで買った家やマンションをすっかり捨ててしまうことで身も心も楽になれるようです。


●最も面倒なことになるパターン:旦那がローンを背負い、妻側が家に残ろうというパターン

これは非常に面倒事に発展する可能性が高いのですが、だいたいの女性はこのパターンを望みます。
旦那にローンを押し付け、養育費などは少し下げてあげるという条件で提案する方が多いのですが、これはかなり難しいですよね。
家とは女性にとっては我が城のように大事なもので、離婚後であろうと自分が作り上げた城にて他の女と2人でいちゃいちゃされるのが我慢ならないという人も多いそう。
だから男に出ていってもらって、自分は家賃の心配ない暮らしをという望みが強いのだろう。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments

住宅ローンを余裕で完済するために

住宅ローンは10年・20年・30年と続いていくものです。だからこそ今の内から完済に向けて余裕を作っておきたいものですね。
そのための方法をいくつか紹介していきたいと思います。


住宅ローンを完済するために出来ること

1:子供に習わせるものは実用的なものに絞ろう。
もちろん本人が「ピアノが良い」「サッカーが良い」と言っているならその願いを叶えてあげていいと思いますが、親側の意向で習わせるのであれば実用性の高いものに絞りましょう。

2:ボーナスは貯金用と返済用の2つに分けよう。
返済があるからといってボーナスの全額を返済に回してしまっては、その後の生活が苦しくなってしまいますし、冠婚葬祭はいつ呼ばれるか分からないものですから、多少の蓄えは必要になります。
いざという時のための貯金を少しでもいいので取っておきましょう。

3:余裕を作るのと、カツカツでいるのは違う。
上記の通り、将来の余裕のためだからといって今無理してしまってはいけません。
極端な例ですが、「2人分ならこっちの方が安い」といって3食ずっとインスタントラーメンを食べ続けるのはNGです。
住宅ローンのために切りつめすぎて早死にするなんて本末転倒もいいところです。


金利の比較は常に怠らないこと

借り換えローンというものもありますので、他所の銀行などで金利が圧倒的にやすくなる住宅ローンなどを見かけたら是非検討してみましょう。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments

住宅ローンで迷ったらランキングを確認しよう

現在住宅ローンを利用しようか悩んでいる方も少なからずいらっしゃることかと思います。
でも、どの金融機関を利用すれば良いのか分からない方も多いのではないのでしょうか。
そんな時はネットで住宅ローンについてのランキングを確認されてみることをおすすめします。
そこには、それぞれの人気の場所やお勧めの場所などが掲載されていますので参考にされてみるのが良いかと思います。
詳しく紹介して下さっていますので、色々見比べてみるのも良いですね。


住宅ローンでは金利をチェック!

やはり住宅ローンを利用する上で確認しておきたいのが金利について。
長期間にわたって返済をしていきますから、少しでも金利は安い方が負担も少なくて良いかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?
他にも繰り上げ返済のしやすさなどについても比較されておかれることをお勧めします。
もちろん、そのサイトによってランキングが異なってきますので、一か所だけではなくて複数のサイトをご覧になるのが良いかと思いますよ。


返済について計画を立てよう

今後長く付き合っていくのですから、ちゃんと先のことを考えてから計画を立てられるのが良いかと思います。
特にお子さんを抱えている方などでしたら教育費などが必要になってきますので、返済費用と両方確保が出来るように計画を立てるべきだと思いますよ。
担当者の方と相談しながら決めるのがベストなのかもしれませんね。
色々なことを質問しながら計画を立てて返済をしていくのが良いですね。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments

住宅ローン契約でかかる税金などの手数料

住宅ローンとは、住宅を購入することでかかるお金を銀行などから借り入れることです。現在、消費税増税などの影響もあってか、金利が非常に低くなっており、借りるならいまだ、などと言われているそうです。しかし、住宅を購入するときにかかるのはこのお金だけではありません。


住宅ローン契約でかかるお金

住宅ローンの契約には、税金や手数料などがかかります。このお金はいくらくらいなのでしょうか?まず法律上支払わなくてはいけないお金に、登記手続きや、この手数料などが含まれます。この手続きを司法書士などにお願いする場合は、その手数料も別途でかかります。また購入することで返済と別に、固定資産税という税金が加算されるようになります


保証料や引っ越し代金、こまごました出費も増える

今までの家で利用していた家電をそのまま持っていければ理想的ですが、住宅の規模が大きく変わる場合は、冷蔵庫などの高額な家電の買い替えを行う必要があるかもしれません。また、引っ越しでは引っ越し代に近所の方へのご挨拶に、などこまごまとした出費は住宅ローン契約前後にどうしても増えるものです。団信保険料なども確認し、現金を多めに貯金しておくようにしましょう。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments

住宅ローンの落とし穴について知りたい

住宅ローンはとても便利なものではありますが気を付けておきたいことというのもありますよね。
いくつか種類がありますが、その中でもボーナス増額返済を選ばれている方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。
しかし、ここで少々問題が生じてきてしまうのです。
住宅ローンを返済する際にボーナスで支払うといっても、ボーナスは毎回必ず同じ金額をもらえるわけではありませんので毎月ばらつきが出てきてしまいます。


住宅ローンの返済は定期的にしっかりと

上記で申し上げました通り、ボーナスの変動が大きいため返済に少々ばらつきが出てきてしまいます。
また、月給による返済額が低いのでその期間に余計な金利がついてしまい返済額が若干増えてしまう事になるみたいです。
それなので、ボーナス増額返済というのはあまりお勧めできないですね。
もちろん、その方によって向き不向きはあるかと思いますがご自分に合ったプランを選ばれるのが良いかと思いますよ。


返済はしっかりしましょう

住宅ローンの返済は毎月必ずしっかりするようにしましょう。
返済をきちんとしなければ印象が悪くなってしまいますし、返済額もなかなか減っていかなくなってしまいますので、ちゃんと返済日に払いましょうね。
どうしても厳しいという方は、担当者の方に相談されてみることをお勧めします。
一人で払えないと抱え込んでしまわずに、相談などをして出来るのでしたら変更してもらうようにしたら良いかと思いますよ。
余裕をもってゆっくりでも良いので完済を目指していきましょう!

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments