jump to content immediately

Monthly Archive for 4月 2014

住宅ローンでマイホームを持とう

今現在、マイホームが欲しいなと考えている人はいませんか?
でもまとまったお金なんて持っていないし、まだまだその金額までほど遠いから無理・・・なんて諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。
実は、そこで活躍してくれるのが住宅ローンなんですよ。
まとまった金額を用意することが出来なくても頭金とその他諸経費を用意するだけで、契約が出来るからマイホームを手に入れることが出来るんです。


払えるのに住宅ローンを選ぶ人も?

まとまった金額を持っていて家を購入することが出来るにも関わらず、住宅ローンを利用して家を購入している人も。
なぜなのかといいますと、住宅借入金等特別控除というものがあって、住宅ローンを組むと所得税や住民税から一定の金額が控除されるらしいんですよね。
それで、本当は一括で購入できるけれどローンを組む人が多くなってきているみたいなんです。


何で比較する?

住宅ローンを選ぶ時は、何に注目をして決めるのがいいのか気になりますよね。
やっぱり多くの人達が金利を比較しているのではないでしょうか?
他にも、メリットを比較して決めるのがいいと思いますが、迷ってしまった時はランキングを覗いてみるのもアリ。
特に初めてだという人は、念入りに確認しておくのがベスト。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 4月 30 2014 » 0 comments

住宅ローン・借り換えの注意点

住宅ローンの借り換えを検討するときは、返済額の軽減や金利上昇によるリスク対策が目的になると思います。し場合によっては借り換えを行ってもメリットより経費が上回るなどの場合もありますので充分注意が必要です。


<借り換えのメリットがある場合>

借り換えの恩恵を充分に受けられる方は、金利の高い時に住宅ローンを組み、長期間の返済が残っている状態で低金利の商品に借り換えをする場合です。反対に残期間が短い方は、単に金利だけを見て借り換えをしようとすると、経費倒れになってしまう場合があります。また、毎月のローン負担を減らす目的で返済条件の緩和された金融商品に借り換えることも、メリット享受のひとつだと思います。


<デメリットのほうが多い場合>

宅ローンの借り換えの際には印紙代などの事務手数料、保証料など、数十万円の費用が必要です。従って残りの返済期間が短い方は経費の方が上回るということもあり得ます。また、固定金利から変動金利への借り換えには、当然金利上昇のリスクを負うことになります。

住宅ローンの借り換えを行う際は、「当座の返済額を減らしたい」、「トータルで支払う金額を減らしたい」などの目的があると思います。どのような目的によって選ぶべき商品の性格も異なりますので、是非明確に目的を絞ることが必要になります。複数の目的を同時に達成できるとは限らないからです。例えば、金利上昇のリスクを軽減しようとして変動金利から固定金利に切り替えた時に毎月の返済額が増えてしまうこともあり、2つを同時に叶えることが難しい場合があります。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 4月 11 2014 » 0 comments