jump to content immediately

住宅ローンと離婚問題

住宅ローンについて調べているとよく出てくるのが「金利」の話と、そして「離婚について」という話題です。


住宅ローンを抱えたままの離婚

住宅ローンが残っている状態で離婚しようとした場合どのような問題が起きるのでしょうか?
1番シンプルで楽な解決方法と、1番面倒なことになりやすいパターンを見ていきましょう。
●1番楽な解決方法は?
家を売ったお金でローンの額を減らし、その残高次第で慰謝料や養育費などの額面を相談するという方法です。
女性側としても、男性側がギリギリの生活を送って養育費などを滞納するようになるよりは、きちんとローン残高を把握し、しっかり確実に払い続けられる金額を安定してもらう方が良いと言う人が多いです。
また、少なからず自分と相手がずっと一緒にいるつもりで買った家やマンションをすっかり捨ててしまうことで身も心も楽になれるようです。


●最も面倒なことになるパターン:旦那がローンを背負い、妻側が家に残ろうというパターン

これは非常に面倒事に発展する可能性が高いのですが、だいたいの女性はこのパターンを望みます。
旦那にローンを押し付け、養育費などは少し下げてあげるという条件で提案する方が多いのですが、これはかなり難しいですよね。
家とは女性にとっては我が城のように大事なもので、離婚後であろうと自分が作り上げた城にて他の女と2人でいちゃいちゃされるのが我慢ならないという人も多いそう。
だから男に出ていってもらって、自分は家賃の心配ない暮らしをという望みが強いのだろう。

maadmin in 住宅ローン 金利 on 2月 24 2014 » 0 comments